歌舞伎とうどんと金毘羅さま

今日は久しぶりに休日です。朝から大好きな橘先生と高松の金丸座へ「こんぴら歌舞伎」を観に来ました。片岡仁左衛門さんの「お祭り」「身替座禅」を拝見しました。

仁左衛門さんは本当に歌舞伎のなんとも美しい色香を感じます。坂東彌十郎さんも大好きな役者さんです。「身替座禅」の奥方玉の井のお役は最高です! 仁左衛門さんとの掛け合いは会場でも笑い声がいっぱいでした。笑いながらも、この芝居は勘三郎さんも得意となさった出し物で、笑っているうちに涙が出ました。


お天気も良く、讃岐富士や小高い山々が見渡せて、まるで日本神話の世界のようです。

もちろん、讃岐うどんも絶品です! 私たちが行ったうどん屋さんは横が麦畑で麦の穂が風に揺れ、広い広いレンゲ畑が広がっています。内容満載の休日ですが、今日は来て良かった。(^o^) 元気をチャージしました。明日からまた頑張ります。



22日は名古屋でコンサートです。

石川さゆり


疾走しています (^-^)

45周年コンサートツアー福岡、大阪、京都から東京に戻って来ました。一昨日のお昼はNHKの「ごご生」、夜はスタジオ505のラジオ。昨日は一日取材日。

今日は福島県郡山市でチャリティーコンサートでした。15名の歌手が出演し、私は「津軽海峡・冬景色」と「ウイスキーが、お好きでしょ」歌いました。「ウイスキーが、お好きでしょ」は関ジャニの渋谷すばるさんが一緒に歌って下さいました。とても新鮮でした。

今日のコンサート収益金は、福島県内の高齢者介護施設へ介護用浴槽を贈られるようです。お役に立って貰えれば嬉しいです。

郡山から自宅へ帰ったら深夜0時を過ぎていました。一日がまるで疾走しているような感じです。

今日は熊本の震災から一年。ニュースや番組でも様々取り上げていました。熊本の皆さんには大変なご苦労が続いています。復旧の捗々しくない所もまだまだ多いようです。今後も自分のできることを続けて届けて行きたいと思います。言葉だけではなく「寄り添う」ことが必要なのだと思います。

石川さゆり

この一年をお祭りで走ります

福岡から45周年コンサートをスタートして今日は大阪フェスティバルホールでした。昼夜で5000人ほどのお客様、3階のお席までぎっしりです。満員御礼を頂きました。

フェスティバルホールはお客様の拍手が前からだけではなく、天井からも拍手が降って来て、本当に拍手に包み込まれるような幸せなステージでした。

120枚のシングル盤の中から歌いながら、様々な日々が皆様のご声援と共に思い浮かんできます。新曲「百年の抱擁」や、まだ未発表の楽曲もお届けしています。

何処も満開の桜です。桜は新しいスタートを感じさせますね。

この周年は一年をお祭りのように過ごします。どうぞお楽しみいただけますように。

石川さゆり

ツアーがスタートしました!

先日、故郷熊本の熊本城で45周年のデビュー記念日を心新たにスタートしました。
そして、ジャーン! 本日4月6日、博多より45周年の記念コンサートツアーがスタートいたしました。大勢の後援会の皆さんが、初日のスタートを大きな声援で包んで下さいました。


白い帽子を被り「かくれんぼ」でデビューした中学3年生の日から、今日の120枚目になる「百年の抱擁」までを、一気にジャケット写真をご覧頂きながら歌を進めて行くと、まるで、ある女の一生じゃないか~と、自分でも感慨深く思います。


ヒット曲も、皆さんに広く伝わることなく隠れてしまった歌も・・・。今回はそんな歌にもスポットを当てて、今ではこんな風に届けられるのではと歌ってみたり、この夏にリリースするコラボレーションアルバム、✖-CrossⅢ-の中から一足お先にお聴きいただいたり、石川さゆりの過去、現在、そして近未来へと楽しいステージがスタート出来ました。


何と言っても嬉しかったのは、石川さゆりの45周年記念法被を着ての大きな拍手と声援が嬉しく、元気いっぱいのエネルギーが行き交うのを感じました。本当にありがとうございます。


法被1.jpg


2法被.jpg


明日、もう一日博多、そして9日大阪フェスティバルホール、10日京都ロームシアターへとツアーは続きます。どうぞ皆さんも私の着物をデザインした真っ赤な法被で応援してください。明日も楽しく歌い弾けます。


バンドメンバーのバイオリン 雨宮(あめちゃん)がステージ前に法被を着て一緒に写真を撮りました。これが45周年のさゆり法被です (^O^)


石川さゆり

熊本 ここから始まった

IMG_1911.JPGタイムマシーンに乗って時空を昭和48年3月25日に戻します。

日曜日です。熊本は晴天! 故郷熊本の水前寺体育館の2000名を超える大勢の皆さんに、「こんにちは! 3月25日、今日『かくれんぼ』でデビューした石川さゆりです。一生懸命頑張ります。よろしくお願いしまーす!」 白い帽子をかぶり大きな声で、夢と希望いっぱいにペコリと頭を下げ、「おーもいだします ♪ かくれんぼ ♪」と歌っている15歳の少女がいます。

あれから季節が10、20、30、40・・・。そして、めぐって45周年です。

先月、水俣のみなさんに会うために熊本に帰郷した時に、地震で瓦も石垣も崩れ、それでも懸命に建っている熊本城を見て、45周年の始まり3月25日はこの熊本城で歌いたい。ありがとうの思いと熊本の震災からの復興願いを込めて歌いたいと思いました。

2017年3月25日、土曜日の熊本城 二の丸広場でギタリストの千代さん、タロマさん、アコーディオンの桑山さんの特別編成でライブを行いました。
デビューしたあの日、そこから海とも山とも行く末のわからなかった私に「がんばってー!」と言って下さった熊本の皆さんから、今日は「お帰りなさーい!」と声が掛かりました。
二の丸にはお城に向かってステージが組まれています。ステージに立ち、皆さんの後ろに痛々しく傷ついても、なお堂々と建つ天守閣に向かって歌いました。

スタートです。熊本の皆さんもまだまだ大変な日々をお過ごしです。どうぞお元気にお過ごしください。

先月水俣で再開した「若かった患者の会」の皆さんからも「駆けつけたかったのですが、周りの条件がゆるしません。おめでとうございます」とお花が届きました。皆さんもどうぞ元気でお過ごしください。

明日はNHKのど自慢。生放送、早く寝なければと思いながら、嬉しい今日、そして今年のあれこれを思い目が冴えています。
どうぞ本日リリースの120枚目の「百年の抱擁」もお聴きくださいませ。

いつも応援して下さる皆様、ありがとうございます。そしてこれからも沢山の思い出を作れるよう励み歌います。一層のご声援をよろしくお願いいたします。

石川さゆり



バックナンバー


ページトップ