仙台にて

台風18号が日本列島を縦断しています。ニュースを見ながら心配しています。皆さんの住んでいるところは雨や風の被害は大丈夫でしょうか。

私は仙台に入りました。雨は降っていますが風はそれほどでもありません。これから台風の接近で雨風が強くなってくるのでしょうか。

明日は16時開演で岩手県平泉で世界遺産劇場のステージです。どうか台風の影響なく、皆さんにお越しいただければと願っています。

石川さゆり

秋の高原でライブです

八ヶ岳1.JPG9月9日、八ヶ岳高原音楽堂で矢野顕子さんと二人っきりライブです。

中央高速を車で向かっています。ユーミンの中央フリーウェイです。 (^-^) 右手のビール工場は今もあるのかな。

八王子辺りから凄い雨だったけれど、いくつかトンネルを抜けると雨の跡もなく素晴らしい秋晴れです。陽光を浴びてススキの穂が輝いています。所々に白いユリの花も咲いています。今夜は星空が眺められるかな。

わ~い! 高原旅行の気分。石川のテンションは上がります。

皆様もどうぞ楽しい週末をお過ごしくださいませ。

石川さゆり





怒涛の秋

今日は眞子様のご婚約のニュースがテレビから幸せを運んできました。女の子はいちばん幸せな優しいお顔になる時ですね。どうぞお幸せなご家庭を作って下さいませと思いました。

さて、石川は秋からの沢山のステージの準備です。今週9日と10日は八ヶ岳音楽堂で矢野顕子さんと二人っきりライブです。時差があるので、フェイスビデオであの曲この曲もやりましょうよと打ち合わせしています。矢野さんのピアノに触発された歌が楽しみです。

9月18日は世界遺産劇場、平泉で歌います。野外ステージで良い「気」を頂いて、いつものステージとは違う野外を思いっきり気持ち良く歌いたいです。

そして、そして、

10月7日 名古屋

11月3日 大阪フェスティバルホール

11月16日 東京 人見記念講堂での45周年リサイタル

昨年、玉三郎さんがプロデュースされている鼓童の稽古場にご案内頂き、今年の私のリサイタルには私の音楽仲間のメンバーと鼓童の皆さん、邦楽の皆さんとで音楽を作りたいと思いました。

只今打ち合わせと稽古の日々です。

ご挨拶は義太夫でしてみたいなどと自分で言いながら、改めて日本の音楽芸能の奥深さに感じ入っている次第です。どうぞ皆さんお越しくださいませ。

石川さゆり

激しい雷雨の翌朝

赤い実.JPG昨日の東京は夕方から凄い雷雨で、雹まで降ってきて恐ろしかったです。

軒を叩く氷粒の音と激しい雷鳴と稲光に、息を潜めていました。二子玉川の花火大会は早々に中止になりましたが、落雷で救急搬送された方もいたと聞きます。

今年はゲリラ豪雨のニュースを例年より多く聞きます。自然というのは恐ろしいと思いました。

今朝起きて庭を見ると、ヤマボウシの実が沢山落ちていました。この赤い実を見ると、夏も終わりそろそろ秋だなと思うのですが、今年は夏の太陽を見ないで秋になるの? と体がすっきり納得しない感じです。

日照不足で農作物などにも被害が出ないかと心配になります。

そんな気も知らず我が家のマルくんは、キャッホー! おやつ? デザートいっぱいとばかりに、落ちたヤマボウシの実を美味しそうに食べています。 (^-^)

美味しいのかなぁ? と好奇心の石川もひとつ拾って食べてみると、おやっ! 甘い! 美味しいではありませんか。

ヒヨドリやマルくんのちょっとわかったような気がする夏の朝でした。

飛行機雲.JPG追伸:熊本へ向かう飛行機より。これは積乱雲でしょうか?ジェット雲と青い空。雲の上は夏の空が広がっていました。

石川さゆり

平和を考える日

8月15日、終戦の日。72年前の今日、日本は終戦を迎えました。

日本は72年間平和であることを続けてきました。

80歳を過ぎた方が戦争の辛く大変な体験を話していました。心が締め付けられるような思いで聞きました。

私ももう決して若いです!と胸を張って言える歳ではなくなってきたけれど、戦争後の混乱や名残も知らずに、高度成長の中で子供から大人になり、バブル景気を経て昭和から平成へ年号も変わりました。その間、戦争を知らずに暮らせたことを幸せだと思います。

最近は何やらキナ臭いニュースが流れてきます。壊滅的な兵器での威嚇や挑発・・・。

どんなに悲惨な経験をしても、どうして同じ過ちを繰り返すことを考えるのでしょう。

戦争で大切な命を失った戦没者を追悼し、心から平和を祈念しました。8月とは思えない暗い雨の日です。



石川さゆり

最近の記事

バックナンバー


ページトップ