鬱陶しい空に負けず

今年は梅雨入り宣言どうりに、毎日雨降りです。ひどい雨になっている地域もあるようで案じています。

青空が見えないと気持ちもスカッとしませんね。

いかんいかん!と気を引きしめています。

今月はついに、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」の収録スタートです。

さすが!('Д') 大河ドラマ出演者、スタッフの皆さんが全員集まった顔合わせは200人を超える人達が集結 。こんなに大勢の皆さんで一年をかけて大河ドラマが作られるのね。と感動してしまいました。そして石川も今週からです。役者の皆さんも凄い迫力!

舞台は長いお稽古がありますが、TVは稽古場は1日そして一気にスタジオで収録のようです。役者さんも、それぞれに自分の演技プランや設定を作って来ていて 石川この空気感に、お〜ふむふむ。と始めての経験をしています。

そして、2019コンサートも今週15日からスタートです。

音楽リハーサルやらステージ制作、皆でやっています。というわけで今週は特にクルクル右と左の脳のエンジンかけて、心を動かしたいと励んでいるしだいです。

NHKの大河ドラマは戦国時代、言葉もはて、少しむずかしゅうございます (^_-)-☆

元気に励みまする〜皆さーんコンサートで会いましょう \(^o^)/

紫綬褒章

紫綬褒章を頂戴することとなりました。

毎日歌い重ねて、この度はこのような受章の知らせを心より嬉しく思います。

振り返って、大好きな歌をつづけて来た今日までの日々を思います。

私の歌を愛してくださり、声援を下さった多くの皆さまありがとうございます。

一緒に歌を作り、導いて下さった作詞 作曲の先生方。

音楽仲間、ステージを作ったり、作品を作ったり、事務所スタッフにしても、デビューから数えるとどれほど多くのスタッフの皆さんが私を支えて下さったのでしょう。

この有難き褒章は、石川の歩いて来た歌の道をみとめて頂き、

これからも一層の精進を重ねるようにと、叱咤激励をいただいたものと受けとめます。

大好きな歌を探求し、皆さまの心に届くそんな歌を歌えますよう、励んで行きたいと思います。

来月から2019年のコンサートツアーもスタートです。

たのしんで下さい。

取り急ぎのご報告と感謝を日記にて

石川さゆり

春は力が漲って

毎日、春の音が聴こえるようです。毎年この季節は1日景色を見ないと、色々な変わりを感じます。硬く結んだ木の芽がハッと気がつくと可愛い生まれたての葉っぱになっていて!

とくに、わたしは紅葉が大好きです。ぐーぐ〜っ・・・パァーッ!と小さな手のひらが開くようです(^-^)

私もおかげさまで、皆さんにいーっぱいご声援を頂き、325日のデビューした日の事を思い出していました。47年めがスタートしました。

この春はシングル盤「酒供養」そして320日に出したばかりのアルバム「民」皆さんに聴いて頂きたい歌たちです。

これかららも、テレビやラジオ、勿論コンサートでお目にかかりたく励みます。

今後ともご声援頂けますように、ファイトです\(^o^)/

石川さゆり


本能寺の変?

本能寺[1].jpg昨日の日記の写真です。やややっ! 本能寺! ちょっとアングルが変? 本能寺が変 (^O^)

そんなことより何やら不思議な縁を感じます。

もっとも当時の本能寺はここより西南の堀川通りの近くなのですけどね。

今までも様々な仕事に不思議な引き合わせや、偶然の出会いがありました。自分なりのイメージ作りに役立ったことは言うまでもありません。

有難いことだと一人合点しています。(^-^)

石川さゆり

春は様々な出来事

日差しは春になりました。沈丁花、梅の花...春を迎えるように咲いています。毎日、あまりの忙しさにまたお久しぶり日記です。

「民」のアルバムもギリギリまでのスタジオでした。日本人の暮らしの中に生まれた労働の歌、祭り歌、寿ぐ歌、嫁いびりの歌? そんな民謡を今を生きる人達に、また世界中から来る外国の人たちにも届けたいと思い、亀田誠治さん、菅野よう子さん、矢野顕子さん、神津善之さん、宮川彬さん、演奏人も素敵な皆さんが参加してこのジャンルは? と聞かれるような楽しいアルバム完成しました!

3月20日発売です。ぜひ聴いて下さいませ

最近の記事

バックナンバー


ページトップ