本日よりMV『夏ver.』限定公開

黒子です。
本日と或る番組収録。スタッフの皆さん、長時間お疲れさまでした。
さゆりさんも気持ちよく歌っていた現場、とても楽しい1日となった
様です。(この放送発表はもう少し、先のこと)

音楽で入って下さったミュージシャンの皆さんも、旧知の間柄。
「ウイスキーが、お好きでしょ」や、近年では「暗夜の心中立て」の
レコーディングアレンジも担当して下さった斎藤ネコさんが今夜の音
楽監督。たまたま誕生日を迎えられたネコさんを囲んで、収録終りに
皆で『♪Happy Birthday!』の合唱〜「ニャァ〜」と、ネコさんポーズ
で記念撮影。(ネタバレがあるので、この写真も、もう少し先のこと)

とてもビューティーな画になっていると思います。
発表まで、もう少し、お待ち下さい。
「ケチぃ」なことが続いて申し訳ないので、こちらで本日より、『春夏
秋冬』MVの「夏ver.」を限定公開させて頂きます。
summer.jpg















小渕健太郎さんが愛した宮崎を描写された「夏」。
10代の頃、いつまでも終わらないと思っていた「夏」が、切なくここ
にありました。

春夏秋冬、X-CrossⅢ-、と、ポスター。

さゆりさんから「ケチィ」と囁かれても、
ただひたすらじ〜っと、この時を待っていた黒子です。
先日の「撮影日和」から2週間、某Pから止められていた情報の解禁です!

6月21日に発売日を迎える『春夏秋冬』、
綺麗すぎる!MV(ミュージックビデオ)の完成版が届きました。
役得ながら、一人ムフフと見ていましたが、先行配信の開始を記念して
皆さんにもこちらで「春ver.」の限定公開を始めました。(やっぱり、ケチィ?)

桜の花と共に歌うさゆりさん・・・
0506a.jpgこういったシーンを次々と撮影。
夏・・・
秋・・・
冬・・・
・・・・

陽が落ちて、屋内シーン・・・
と。



そんな時、黒子は・・・

コバンザメ撮影に勤しんでいました。
0506b.jpg0506c.jpg

こんな風に・・・。

兎に角、13時間にも及ぶ撮影を終え、ビューティーなMVが完成しました。
全貌が明らかになるもはもう少し掛かりますが、(やっぱりケチィ?)
暫し、お待ちを。


この『春夏秋冬』も入る「X(クロス)」シリーズの最新作、
「X-Cross-Ⅲ-」の情報もお届け!
今作も極上のミュージシャン皆さんとセッションを行いました。
参加アーティストの発表です。

X 矢野顕子
X 大江千里
X 細野晴臣
X 里花
X 森友嵐士(T-BOLAN)
X 小渕健太郎(コブクロ)
X レキシ
X ・・・
詳細は、後日お知らせします!

そして、本日最後の発表は・・・
『NO MUSIC,NO LIFE』のポスターに、さゆりさんが初登場!

さゆりさんから、コメントが届きました!
『ちょいと楽しい日、歌はい〜ね』
こんな石川さゆりもお楽しみ下さい!

NMNL171.jpg


































6月5日から、順次タワーレコードおよびTOWERmini店で掲出されます。
詳しくは、こちらから。

Enjoy!
see you!

*【速報】5月23日(火)先行配信開始!『春夏秋冬』

通算121曲目シングル『春夏秋冬』。
(作詞・作曲・編曲・コーラス 小渕健太郎
               ストリングアレンジ 小渕健太郎、笹路正徳)
発売日の6月21日に先駆けて、本日、5/23より先行配信致します。

teca_13768.jpgteca_15769.jpg


 先のニュースでもお伝えしました通り、コブクロ 小渕健太郎×石川さゆりのコラボ
レーション。さゆりさんからの推薦コメントをお届けします。

「コブクロさんの歌の中にいつも春夏秋冬を感じていました。単に季節がめぐるだけ
ではなく、四季の中に人の気配がみえる。人の一生にも春・夏・秋・冬と一年めぐっ
てはまた春がやってくる。人生と季節のめぐりを折り重ね、歌が生まれたら素敵ね。
と、そんな話を小渕さんに持ちかけたところ、ストレートに『春夏秋冬』という楽曲
があがってきました。
 めぐる季節の美しさだけでなく、人生のめぐりなんて大仰なものでなく、家族のぬ
くもりと言おうか、ああ、人ってひとりじゃないんだなと思わせてくれるような、し
みじみいい曲になりました。この曲は『朝花』にも通じる名曲です。世代を超えて、
いろんな方に聞いていただきたいですね。83歳になる私の母が、この曲を聞くと涙が
でるわ、っていうんですよ」

 さゆりさんのお母様が涙する理由。それはきっとお母様がこの曲に流れる春夏秋冬
に、母娘の気配を感じているからかもしれません。

 娘がはじめてひとりで立ち上がった日。
はじめて歩き出した日。はじめて自転車に乗れた日。転んだ日。
それを見守る母のまなざし。あの日の姿そのままに、歌詞から立ち上がってくる、
春の光景。

 実は「春」の曲はさゆりさんとさゆりさんの長女、佐保里さんがはじめて自転車に
乗った日のエピソードがそのまま歌詞になっているのだとか。さゆりさんのお母さま
が思い浮かべているのは娘、孫娘の姿でしょうか。それとも、幼かった頃のさゆりさ
んとご自身の姿でしょうか......。

目を閉じて聞けば心に浮かんでくる、たいせつな人。聞く人の数だけ存在する、それ
ぞれの季節の、たいせつな人。

『春夏秋冬』は、あなたにとってたいせつな人を知る、試金石のような一曲です。
 ぜひ、チェックしてみて下さい!

先行配信!

カウントダウンの開始です。
来週5月23日(火)、『春夏秋冬』先行配信をスタートします。
詳細はこちらで。

CD発売の前に覚えたい方!
『♪ルリルララ〜』です。

お楽しみに!

*『古城』のレコーディング中、思い浮かべていた古城とは?!#さゆりこぼれ話 #4

 何千回、何万回と熱唱してきた『天城越え』や『津軽海峡・冬景色』でさえ、
一度として同じ歌い方はない。その時々の呼吸や気分は毎回違うから、飽きる
ことがないというさゆりさん。
毎回変わるという歌いまわしやブレスだけでなく、歌っている最中のさゆりさん
は頭の中でどんなことを思い、どんな風景をみているのか気になりませんか?
野暮だとわかっていても、知りたくて、ついつい聞いてみたところ。
返ってきた答えは何と!

「そういえば。『20世紀の名曲たち』で古城という曲を歌いました。
20century.jpg










(※失礼:「古城」は6集ですけど)


さて、私がこの時、歌いながら思い浮かべていたのはどこの古城だと思います
か?(笑)」

 質問に、質問返し。さすがです。

「熊本城?」NO!「姫路城?」NO!「松本城?」NO!・・・どれも違うとのこと。
正解を聞いてびっくり!
何と『古城』のレコーディング中、さゆりさんの脳裏をかけめぐっていた古城は、
ふたつあったというではありませんか!
ひとつはビビアン・リー扮するスカーレット・オハラが登場する、映画『風と共
に去りぬ』の中の古城のワンシーン。そしてもうひとつは万里の長城! まった
くもって想定外すぎる答えです。さゆりさん曰く、

「歌いながら、モンゴルから大陸に吹き抜ける風をみていました(笑)」とのこと。
mongol.jpg








(※こんな、感じか・・・?)


皆様、ぜひ『古城』を聞き返してみてみましょう。そして、さゆりさんの頭の中を
駆け抜けた風を感じようではありませんか!

バックナンバー


ページトップ