*「ジ・オリーヴオイル」CM放映開始!

 9月10日(月)より小豆島ヘルシーランド「LOVE THE OLIVE」篇のCMが全国でオンエアになりました。樹齢千年のオリーブの大樹の下、空を見上げるさゆりさん。黄金のオリーヴオイル(美容オイルです)の輝きとあいまって、さながら女神降臨といった佇まい!

 今回、こちらのCMソングとして『オリーブの島』を起用いただきました。

 (作詞:いしわたり淳治/作曲:水野良樹/編曲:亀田誠治)

『花が咲いている』のカップリング曲として収録されたこの曲の舞台は小豆島。

 小豆島つながりとしては、ついつい『波止場しぐれ』を思い出してくださっているファンの方も多いかもしれません。あれから35年。いまでは平和の象徴であるオリーブの島として知られています。

 「私は情念の歌が多いから、幸せになれるかわいらしい歌がいいな」という、さゆりさんのリクエストに対し、いしわたりさんは「この島に嫁いでくる女性」に思いを馳せ、かわいらしくも、ういういしい歌詞で応えてくださいました。

 「何も知らない ふつつかものに たしかなものは 愛ひとつだけ」

 まるで瀬戸内海のおだやかな風景が、はにかむ若いふたりのしあわせを見守ってくれているような。時代がどんなに変わっても、変わらない、人と人がふれあうときの温もりや優しさが何かこう、いつのまにか心に届いているような。

 そんな、とっても素敵な歌が生まれました。ぜひ聞いて下さいね!


風とロックと芋煮とサンマ

黒子です。
新曲「花が咲いている」のビジュアルプロデュースを担当して頂いた
箭内道彦さんが主宰する、『風とロック芋煮会2018』に伺いました。

初日の前日はどしゃぶりの雨だった福島・白河の地。
向う車中、さゆりさんは一切心配しておらず・・・。
まぁ、実績からもそうですけどね。
でも、今日は・・・。

止みました。

IMG_3736.jpg飛び入りすることを決めていたコーナー、
レキシさんがスタンバイする直前、雨粒が
落ちてくると、
「また、俺のせいにされるよ〜...」と
ボヤいていた「池ちゃん」さん。
...でも、大丈夫です。
止まない雨はないのです。

突然歌いながら出てきたさゆりさんに、
即応するオーディエンスの皆さん。
熱いライブのスタートです。

「X-CrossⅢ-」収録の『くのいちもんめ』を
初LIVE!打合せには全くない「ラップ!」とか、
やりたい放題の予感。
『キラキラ武士』もご一緒して、時間はここまで。

この日、目出度く『さゆりモン』と命名されました。(レキシネーム)


陽も落ちてきた1時間半後、
IMG_3746.jpgIMG_3744.jpg




















♪タカタン、タカタン、タカタン...、ジャン!と、お馴染みの天城越えのフレーズに、
『う・・・ぉおーーーーーー!』と。

IMG_3755.jpgIMG_3758.jpg




















最新曲『花が咲いている』では、サイリウムの揺らぎの影で、
「きっと、だいじょうぶ」この一言で泣いている方々も。

初めて伺った「風とロック芋煮会2018」は、こうして幕を降ろしました。

・・・・・それから30分後...。
IMG_3759.jpgIMG_3760.jpg




















この勇姿!
.........こんな帯、作ってたんですね...。


先日のLINE LIVEにて、箭内さんからご指名頂いた芋野球の始球式。
見事、ノーバン、ストライク。
この後、取材をこなし、全ての役目を終え、帰路につくのでありました。


.........。
ここからは余談です。

お祭り感満載だった風とロック芋煮会、バックヤードもスゴかった。
サンマの塩焼き、牡蠣焼き、ソースカツ丼、ラーメン、唐揚げ・・・。
横には、ビールサーバ、酎ハイ・・・。

なんで、車できたんだろ!?。
なんで、日帰りなんだろ!?。
なんで、、、、、。

そんな、笑顔の一日でした。

*「さよなら」の、その先へ

 来る9月9日(日)、風とロック芋煮会に初参戦のさゆりさん。『花が咲いている』でご一緒した箭内道彦さん、亀田誠治さん、そして『X-Cross_Ⅲ』でコラボした池ちゃんことレキシさん。ご縁のある方に囲まれて、『津軽海峡・冬景色』を会場の皆さんと大合唱をする予定です。ファンの皆様におかれましては、歌詞の暗記など、ご準備に抜かりはないと存じますが、ここで、ちょっとだけあの曲についておさらいをば。

 『津軽海峡・冬景色』がヒットした1977年、昭和(平成の前です)52年のあの当時、「さよなら、あなた」と自分から別れを告げる女性は非常に稀な存在でした。

キャンディーズが「普通の女の子に戻りたい」と解散した年が翌年の1978年。

山口百恵さんが結婚引退を宣言し、マイクを置いた年が1980年でした。

 また当時いわゆる演歌で描かれていた女性といえば、未練たっぷりに恨んだり、涙に明け暮れてみたり、港で待ち続けていたり、していたものです。

 だからこそ「さよなら」の、その先の風景をみつめていた「あの人」は新しかったというわけです。

 最新曲『花が咲いている』でも「さよなら」は明日につながる、たいせつなキーワード。

「さよなら」のその先へ。そんな観点で改めて曲を聞けば、また違った風景が見えてくるかもしれません。皆様、どうぞお楽しみください!



2018年9月 9日(日)

風とロック芋煮会2018

開 場:しらさかの森スポーツ公園(福島県)

詳しくは「風とロック芋煮会2018」公式サイトをご覧下さい。

LINEスタンプ登場!

初のLINE LIVEに続き、お待たせしました。
LINEクリエイターズスタンプに「石川さゆりスタンプ」登場!
ishikawa_stamp.jpg






















石川さゆりのLINEスタンプ初登場!
"きっとだいじょうぶ" みんなの毎日を可愛くポジティブに応援します♪
【スタンプ名称】石川さゆりスタンプ(1セット8個)
【料金】50コイン / ¥120
【購入方法】
下記いずれかの方法で購入できます。
・LINE「スタンプショップ」を開いて"石川さゆり"で検索
https://line.me/S/sticker/4439590 にアクセス
・QRコードから
QR_ishikawa_stamp.jpg












※無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」のダウンロードが必要です。





*心に寄り添う、歌を。

 江の島でのシークレットライブ、『花が咲いている』発売記念日のLINE LIVE。

新しい試みが続きましたが、皆様お楽しみいただけましたか?

「電車の中で、みんなスマホの画面をのぞきこんで隣の人とも会話しないでしょ。ああ、日本の風景が変わったなって思いましたね」 ある日、さゆりさんがふと漏らした一言でした。

 毎日、自然災害のニュースに心を痛め、日本中のあちこちが、まだケガをしたままの状態でみんなの心に寄り添うって、どんな歌? どんな言葉がみんなの心に響くのかしら?

 あの日からずっと、さゆりさんはその問いかけを続けていたんだな、と『花が咲いている』を口づさみながら、思い出しました。PV撮影が行われた巣鴨で商店街のおじちゃんやおばちゃんに満面の笑みで話しかけているさゆりさんからは、「皆さんのそばへもっともっと近づきたい」、そんな思いが伝わってきます。風にゆれて やさしくほほえむ花のように 歌で笑顔がつながるように やわらかく人の心に寄り添いたい。

 風の「匂い」には敏感なさゆりさんのことですから、今日もどこかで特別に敏感なセンサーを以って、時代の空気を嗅ぎ取っているに違いありません。

 「絶対!」と約束することが難しいいまだから、面と向かって「頑張って」と励まされるよりも、背中をぽんと叩かれるよりも、ときにはスマホの画面越しに「きっと だいじょうぶ」とささやかれたほうが、じわじわ心に響く日だってきっと、あるはず。

 どんなに離れていても、心をつなぐことができる。なんだか歌はおまじないみたいですね。
7516542368_IMG_1770 - コピー.JPG

バックナンバー


ページトップ