自分へのご褒美 #さゆりこぼれ話 #9

 先日、スタッフの引っ越し祝いを探しに、久しぶりに某百貨店にショッピングに出かけたさゆりさん。「誰かのために、という口実がないと、なかなかデパートにもでかけられませんからね」と言い訳(?)しながら、ひとり暮らしをはじめたスタッフのために、「おひとりさま用」の鍋やフライパンややかんを物色中。何やら、ちゃっかり(?)「自分へのご褒美」も購入した模様。なんだと思いますか?

 答えはいま流行りのソーダメーカー。そうです、自宅で簡単に炭酸水が作れると世界中で人気の、アレです。ハイボールはもちろんですが、いまの気分はやっぱり〝ワイン"なのだとか。「これで、スパークリングワインを作るのが、目下の楽しみ」と、うれしそうなさゆりさん。最近、目が回るほど忙しいさゆりさんですから、(仕事が) ♪いっぱいありすぎて 休憩が必要なの~  という心境なのかも?!

 BGMはもちろん、『X-CrossⅢ‐』大江千里さんとのコラボ曲、『ワインを選んで』。「さあさ、今日は飲みましょ♪」そのひと時が、何よりの自分へのご褒美に違いありません。


本日8/4(金)『東京五輪音頭-2020-』正式お披露目!

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックへのカウントダウンから、
ちょうど3年目にあたる7月24日。『東京五輪音頭』のリメーク版を加山雄三
さん、竹原ピストルさん、そして我らが姫様、石川さゆりさんが歌うことが
決定!というニュースが皆さんのお耳に届いたと思います。今日は、その正
式お披露目。
PV映像や盆踊りの振り付けなども併せて披露されるので、ぜひ、チェックを♪

本日より公式サイトにてMVを視聴できます。

石川さゆり オフィシャルウェブサイトにて先のニュース(5/13付)でも
お伝えしましたが、只今、さゆりさんは「オリンピックで日本を訪れる海外の
お客様に「お土産」として持ち帰ってもらえるような」日本の歌がつまったオ
リジナルアルバムを制作中。1964年に開催された東京オリンピックを振り返り
ながら、「子どもの頃、ブラウン管越しの映像といっしょに写真を撮りました」
そんな思い出を胸に、何かできることはないかとレコーディングを進めていた
矢先、今回の『東京五輪音頭-2020-』のお話をいただきました。「日本の素敵
な歌や文化が海外のみなさまに届きますように」そんな気持ちを込めて発信し
たいそう。ご期待ください。

tokyo2020.jpg









旅情三部作秘話 #さゆりこぼれ話 #8

 いまから遡ること40年前。時は1977年(昭和52年)。この年、1月1日発売にリリースされた『津軽海峡・冬景色』の大ヒットにより、歌手石川さゆりの名は日本全国津々浦々に知れ渡ることとなりました。次いで5月10日『能登半島』、9月1日『暖流』が発売され、こちらもヒット。

 結果、『津軽海峡・冬景色』はその年の日本レコード大賞 歌唱賞を受賞。さらには年間チャート上位90曲に先の3曲が同時ランクインするほどのセールス記録を樹立したのでした。

 「何だか、盆と正月がいっぺんに来たような年だった」とさゆりさんは笑いますが、この三部作によって歌手石川さゆりの人気がゆるぎないものとなった。そう言っても過言ではないでしょう。

いずれの楽曲も言わずと知れた作詞・阿久悠、作曲三木たかしコンビの作品でした。

 デビュー後、なかなかヒット曲に恵まれず、不遇の時代が続いていたさゆりさんでしたが、腐らず、まっすぐに歌を求める姿をちゃんと見ている人がいた、というわけです。

 「この子を、何とか光の当たるところに、と考えてくださったんだと思います」とさゆりさんは当時を振り返ります。

 『津軽海峡・冬景色』の大ヒットの後、「次は出身地の歌を書くから」と阿久悠さんはさゆりさんに話したそう。ところが、ほどなくあがってきた次の楽曲は出身地の熊本ではなく石川県の『能登半島』。

 勘違いだったのか、確信犯だったのか定かではないのですが、「苗字が石川だから石川県出身だと思って書いてくださったのだろう」と、ありがたく受け止めたといいます。そして『能登半島』も大ヒット。

 ちなみにさゆりさんの出身地、熊本がテーマになった曲『火の国へ』も約束通り、翌年リリースされています。発売日を調べると1978年7月1日。ファンの間ではお馴染みの曲ですが、当時の売り上げを比べてみると、やはり『能登半島』に軍配があがります。たとえ、歌い手としてどの曲も同じように全力投球したとしても、ヒットにつながるかどうかは、やはり時の運によるところも大きい。

 いまではファンの間で「旅情三部作」と親しまれている3楽曲ですが、リリース順は偶然の賜物とはいえ、その連続ヒットのタイミングが「神ってた!」ことだけは確かです。それはまるで「石川さゆりを一発屋にしてはならない」という阿久悠さん、三木たかしさんの執念が後押しした、見えざる神の采配のように。

 そういえば、『春夏秋冬』でコラボした小渕健太郎さんは1977年生まれ。

 これもまた、奇遇ですね。

7/23(日)本日、45周年記念リサイタル【東京公演】チケット発売開始です!

今日は暦の上では一年の中でもっとも暑い季節をさす、「大暑」だとか。
連日暑い日が続きますが、ファンの皆様! 夏バテしている場合ではあり
ませんよ! そうです、本日、7月23日(日)は45周年記念リサイタル、
東京公演のチケット発売日です! 夏フェス、コンサートをはさみつつ、
45周年記念リサイタルはいよいよ東名阪公演へ。各公演共にチケット発売
日、お忘れなくお控えくださいませ!
今年の猛暑に負けないくらい「熱い声援」で下半期もさゆりさんを応援し
たいものですね。


《東京公演》

公演日: 2017年11月16日(木) 昼の部 開演12:00 / 夜の部 開演17:00

会 場: 昭和女子大学人見記念講堂

一般発売日: 2017年7月23日(日)10:00~

お問い合せ: サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~18:00)


《名古屋公演》

公演日: 2017年10月7日(土) 昼の部 開演13:00 / 夜の部 開演17:00

会 場: 愛知県芸術劇場

一般発売日: 2017年7月28日(金)10:00~

お問い合せ: 鵜飼興業 052-221-1166

《大阪公演》

公演日: 2017年11月3日(祝金) 昼の部 開演13:00 / 夜の部 開演17:00

会 場: フェスティバルホール

一般発売日: 2017年8月5日(土)10:00~

お問い合せ: キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)

「X-CrossⅢ-」 本日発売! 先着順、3大特典

待ちに待った『X-CrossⅢ-』。遂に本日発売! 対象店舗にてアルバムをご購入のお客様に、 スペシャルプレゼントをもれなく進呈致します。どれも先着順! お早めにお求めください。

店舗によって特典が異なりますので、下記よりCHECK IT OUT! 

●『X-CrossⅢ-』"A4クリアファイル" プレゼント![詳細はこちら] ⇒ベルリン発ストリートアーティスト、エルボッチョ描き下ろし、石川さゆりポートレート♪

●【タワーレコード限定】 "「NO MUSIC, NO LIFE?」A4クリアファイル" プレゼント![詳細はこちら]⇒「NO MUSIC, NO LIFE?」タワーレコード「あのポスター」と同じ♪

●【HMV各店限定】45周年記念特別企画 〝スペシャル缶バッジセット"プレゼント! [詳細はこちら]⇒31種類の「石川さゆり」からランダムに2つプレゼント♪

どのさゆりさんも、お好きでしょ。目指せ、コンプリート!


7月19日リリース「X-CrossⅢ-」

バックナンバー


ページトップ